髪のパサつき改善ヘアケア【シャンプーは正しく行なうべし】

最新記事一覧

髪に衰えを感じたら

婦人

40代女性は髪に衰えを感じ、これまでの髪型が似合わなくなってきます。髪型やヘアカラーによっては、若作りに見えて浮くので注意が必要です。ヘアカタログを参考にするのもいいですが、モデルさんの髪型を一般人が真似すると似合わないこともあります。髪にボリュームがなくなってきたら、パーマかけるのもおすすめです。

詳しく見る

薄毛を改善するには

レディ

髪の毛が細くなった、おでこが広くなったなどを感じたときはすぐに薄毛対策を始めることです。薬用の育毛シャンプーで毛穴の汚れをしっかり落とし毛根に栄養を届けることが基本です。薄毛は生活習慣も影響しているので改善することも必要です。

詳しく見る

慎重に選ぶ

ウーマン

ドライヤーを買い替えるタイミングがあれば、人気ランキングを参考に選ぶと満足度の高い買い物が出来ます。ランキング上位のドライヤーは機能性やデザイン性に優れた商品が多いです。使用目的に合わせて選ぶことが出来ます。

詳しく見る

艶のある仕上がりが特徴

カラー

中高年の年代になると、白髪が目立ってくるので、低刺激で髪の毛や頭皮に優しい白髪染めを選びたい人は、カラートリートメントがお勧めです。刺激臭などはなく、優しい香りが特徴で、洗髪時に使用するごとにきれいに着色するのが特徴です。

詳しく見る

自宅での効果的なヘアケア

レディ

加齢や乾燥、パーマやカラーリングなどが原因となって起こる髪のパサつきを解消するためには、トリートメントなどのヘアケア用品が活躍します。最新のテクノロジーを応用して作られているドライヤーなどの美容家電も、美しい髪を作るための強い味方になってくれます。

詳しく見る

皮脂と水分をコントロール

レディ

適切なヘアケアが重要

髪のパサつきは、皮脂と水分の不足が関係しています。皮脂には、髪を乾燥やブラッシングの摩擦から守る働きがあります。とはいえ、皮脂の分泌が過剰な状態は、べたつきや臭いの原因になります。そのため、頭皮の皮脂を適度な分泌量にコントロールする必要があります。ここでは、適切なシャンプー方法とドライ方法によって、パサつきのないヘアコンデションに整える方法を紹介します。まず、シャンプー液を使用する前に、ぬるま湯で予洗います。それだけで、髪についた汚れやほこりを落とせるので、少ないシャンプー液で洗い上げることができます。逆に、熱いお湯や多すぎるシャンプー液は、皮脂を余計に洗い流してしまいます。そのため、乾かしたときにパサつきやすくなります。次に、髪の水分を保つためには、ドライヤーの当て方にも注意が必要です。髪は、毛先に向かうほど、ダメージが蓄積されています。よって、十分な水分を保持できにくいゆえ、乾燥してパサつく傾向にあります。そこで、ドライヤーの熱は、頭頂部から毛先に向けて当てるように注意します。このとき、毛先を中心に保湿効果のあるヘアクリームを使用すれば、ドライヤーによる乾燥を逓減できます。さらに、ブラッシングの際にも、パサつきを防ぐポイントがあります。頭皮から皮脂を髪全体になじませるようなイメージで、ブラシを上から下にゆっくり動かします。以上の点に気を付けてヘアケアを行えば、しっとりとツヤのある髪に整います。

Copyright© 2018 髪のパサつき改善ヘアケア【シャンプーは正しく行なうべし】 All Rights Reserved.